すぐわかる!医薬部外品とは|無添加女性育毛剤マイナチュレ

無添加育毛剤のマイナチュレは医薬部外品。

医薬部外品とは、厚生労働省より認められた有効成分が規定量配合されている製品のこと。医薬品よりも効果が緩やかなのが特徴です。

マイナチュレに配合されている有効成分は3種類あります。

マイナチュレの有効成分

グリチルリチン酸ジカリウム
酢酸DL-α-トコフェロール
センブリ抽出液

マイナチュレには厚生労働省が認可した有効成分が規定量配合されていますので、医薬部外品の育毛剤に指定されています。

ちなみに、有効成分が入っていても規定量配合されていない育毛剤は、医薬部外品に指定されません。

マイナチュレが医薬部外品に指定されるメリットは?

医薬部外品に指定されるメリット

有効成分の効果が期待できる
説明書に有効成分の効果効能を記載できる
消費者にアピールできる

有効成分の効果が期待できる

マイナチュレが医薬部外品に指定されるメリットの一つ目は、有効成分の効果効能が期待できるということです。

マイナチュレの有効成分は3つ入っていますが、有効成分がきっちりと規定量入っていますので、それぞれの成分の効果効能が期待できるのですね。

有効成分が規定量入っていなかったら、医薬部外品に指定されませんし、効果が期待できないことは簡単に分かります。

説明書に効果効能を記載できる

マイナチュレが医薬部外品に指定されるメリットの2つ目は、説明書に有効成分の効果効能を記載できる点にあります。

厚生労働省が指定した量の有効成分がきっちりと入っていると、効果が期待できます。

ですので、説明書に効果効能を記載して良いというわけなのです。

先ほどもお話ししましたように、有効成分が入っていても規定量入っていなかったら効果が期待できません。

マイナチュレには有効成分がきっちりと規定量配合されていますので、有効成分の効果効能を説明書に記載できるのです。

マイナチュレの効果効能

育毛、薄毛の予防、フケ
かゆみ、病後・産後の抜け毛
抜け毛の予防、育毛促進
発毛促進、養毛

消費者にアピールできる

マイナチュレが医薬部外品に指定されるメリットの3つ目は、消費者にアピールできる点にあります。

育毛剤は化粧品と違って、医薬品的なイメージがありますよね。

医薬部外品の指定を受けた(有効成分が規定量入った)育毛剤の方が、医薬部外品に指定されていない育毛剤よりも、育毛ケアに良さそうって思いませんか?

ですので、医薬部外品をアピールできることが、医薬部外品に指定されることのメリットになるのです。

ちなみに、スキンケアの場合で言うと、資生堂が開発した純粋レチノール(ビタミンAの一種)という有効成分(シワ改善)があります。

引用:資生堂

シワの改善に効果効能がある純粋レチノールが規定量配合入っているリンクルクリーム(資生堂)は医薬部外品になります。

ちなみに、有効成分が規定量入ったら化粧品とは呼ばなくなります。

しかし、医薬部外品と化粧品の違いが分からないという声が多いことから、スキンケア製品では医薬部外品は薬用化粧品と呼ばれることが多くなっています

もし、有効成分の純粋レチノールが規定量配合されていない製品の時には、その製品は有効成分純粋レチノールが入っていたとしても化粧品扱いになります。

化粧品と医薬部外品の違いは有効成分が規定量配合されているかいないかの違い、なのですね。

医薬部外品のマイナチュレは薬学会でも注目!

医薬部外品のマイナチュレは『日本薬学会・第135年会』で発表されたそうですよ。

日本薬学会は明治13年(1880年)、我が国では最も古い学会の一つとして誕生しました。 現在会員数は2万人を超え、薬学研究者の学会では世界最大となっています。
また、学会が発行する薬学雑誌(英名:Journal of the Pharmaceutical Society of Japan)は1881年に創刊された日本で最も古い学術誌とされています。
近年の学会におきまして、第136年会(2016年)では大村 智 北里大学特別栄誉教授、第137年会(2017年)では大隅良典 東京工業大学科栄誉教授によるノーベル賞受賞記念特別講演が行われました。 引用:マイナチュレ

日本薬学会は、とても古い歴史がある薬学会なのですね。

このような、最高の学術レベルの場所でマイナチュレを発表できたのは、よほどマイナチュレの効果に自信があったからに違いないと思いました。

マイナチュレは無添加育毛剤

マイナチュレは、3つの有効成分・20種類以上の天然由来成分・10種類のアミノ酸を配合した育毛剤。

そして、育毛ケアに必要のない11の成分を不使用で、頭皮にとても優しい無添加育毛剤なのですね。

マイナチュレが使っていない11成分

香料・着色料・鉱物油・パラベン
石油系界面活性剤・タール系色素
紫外線吸収剤・合成ポリマー
動物性原料・酸化防止剤・シリコン

マイナチュレを調べてみると、効果が期待でき頭皮に優しい育毛剤をお探しの方には、医薬部外品の無添加育毛剤マイナチュレはおすすめできる育毛剤だと思いました

マイナチュレを購入した理由はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。