マイナチュレとリアップリジェンヌのたった一つの違いとは|半年使用

マイナチュレとリアップリジェンヌの違いが気になっていませんか?

マイナチュレとリアップリジェンヌには、一つの違いがありました。

マイナチュレとリアップリジェンヌの一つの違いとは、マイナチュレは頭皮環境を整える育毛剤であり、リアップリジェンヌは壮年性脱毛症を改善する発毛剤ということ。

この記事では、マイナチュレとリアップリジェンヌの育毛ケアの違いを分かりやすく説明する内容になっています。

マイナチュレとリアップリジェンヌの育毛ケアの違いとは

マイナチュレは頭皮環境を整える育毛剤、リアップリジェンヌは壮年性脱毛症を改善する発毛剤であることをお話ししました。

女性の薄毛の大部分はびまん性脱毛症といわれています。

びまん性脱毛症とは、頭皮全体の髪の毛が薄くなる脱毛症のことで、女性に多いのが特徴といわれています。

ちなみに、男性は頭頂部やM字の部分の髪の毛が薄くなることが多いですよね。

男性の薄毛の原因は、男性ホルモンによるものといわれています。

女性の薄毛の原因はびまん性脱毛症なのですが、その原因はよく分かっていないそうです。

ただ、頭皮環境の悪化がびまん性脱毛症の原因のひとつといわれていますので、女性育毛剤では頭皮環境を整える製品が開発されているのですね

ですので、マイナチュレも、頭皮環境を整えて育毛サイクルを正常にするために開発された育毛剤なのです。

頭皮環境を整えるためには、頭皮や髪の毛に必要な栄養素がしっかりと頭皮に届く必要があります。

そして、髪の毛に必要な栄養素は血液によって運ばれますので、頭皮環境を整えるためには頭皮の血行を良くする必要があります。

ですので、マイナチュレには血行促進作用がある成分が配合されています。

また、マイナチュレには、頭皮や髪の毛に必要な栄養素もたくさん配合されていました。

このように、マイナチュレは、「血行促進作用がある成分」や「頭皮や髪の毛に必要な栄養素」で頭皮環境を整え育毛ケアを行う育毛剤だったのですね

リアップリジェンヌとは|半年使用

引用:http://www.taisho.co.jp/riup/regenne/product/

一方、リアップリジェンヌとは、発毛効果が認められている「ミノキシジル」が配合されている発毛剤になります。

ミノキシジルとは、「壮年性脱毛症による発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果効能がある成分であり、壮年性脱毛症による薄毛の改善に効果があります。

壮年性脱毛症とは、分かりやすくいうと「歳をとって髪の毛が薄くなってくる症状」のことです。

加齢による壮年性脱毛症には「ミノキシジル」が発毛効果がありますので、薄毛の原因が加齢にあると思われる方は、リアップリジェンヌをお試しされてみてはと思います。

ちなみに、ミノキシジル配合のリアップリジェンヌには壮年性脱毛症の発毛効果は認められていますが、その発毛効果は「6ヵ月使用した場合」とあります。

ですので、リアップリジェンヌを使用したからといってすぐに発毛するわけではなく、発毛効果を実感するためには半年は続けて使用する必要があるということなのですね。

ただ、リアップリジェンヌを半年使用しても、発毛効果が感じられないときもあるそうです。

先ほどもお話ししましたが、女性の薄毛の原因はよく分からないということが実情としてありあした。

女性の薄毛の原因は加齢によるものだけでなく、女性特有のホルモンバランスの変化・ストレス・ダイエットなども原因といわれています。

このような場合には、「リアップリジェンヌを使っても発毛効果が実感できない場合がある」とリアップリジェンヌ公式サイトに記載してありました。

ですのでそのときには、「頭皮環境を整えるマイナチュレなどの育毛剤」で育毛ケアを行うことが必要になってくるのですね。

マイナチュレとリアップリジェンヌの違いのまとめ

マイナチュレとリアップリジェンヌの違いをご紹介してきました。

マイナチュレは頭皮環境を整えて育毛ケアを行う育毛剤、リアップリジェンヌは壮年性脱毛症の改善を行う発毛剤であることが分かりましたね。

マイナチュレとリアップリジェンヌは同じような製品に思えますが、実は全く効果や作用が違う製品。

女性の薄毛や脱毛の原因は、男性と違ってさまざまなものがあります。

ですので、育毛ケアを始めるときには、自分の薄毛の原因をよく考えて育毛剤を選びましょう。

マイナチュレの口コミはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。