マイナチュレとFAGAの関係を分かりやすく解説|女性男性型脱毛症

「育毛ケアのことを調べていると、FAGAという言葉が出てきたけど、FAGAって何?」

女性の育毛ケアを調べていると、FAGAという言葉を見かけますよね。

いったい、FAGAとはどのような意味があるのでしょうか?

そこで、FAGAの意味を調べてみると、『FAGA=女性男性型脱毛症』ということが分かりました。

FAGA=女性男性型脱毛症とは

FAGA=女性男性型脱毛症とは、いったいどのような脱毛症なのか気になります。

女性男性型脱毛症(FAGA)とは、女性なのに男性のように頭頂部やM字の部分が薄くなる脱毛症のことなのでしょうか?

そこで、マイナチュレ公式サイトには、FAGAについてどのように記載してあるのかを調べてみました。

マイナチュレ公式サイトより

「びまん性脱毛症」とは、部分的にではなく、髪全体が薄くなるのが特徴で、髪が細くボリュームが減り、抜け毛が増え、地肌が目立つようになるのが特徴です。
別名「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも呼ばれ、加齢やストレス、過度なダイエットなどのホルモンバランスの乱れによって、脱毛症状を起こすことがあります。
原因は一つではありませんが、生活習慣の見直しや血行促進、ストレス緩和など、原因を一つ一つ取り除けば、症状が改善できるかもしれません。

マイナチュレ公式サイトによると、FAGA(女性男性型脱毛症)は、「びまん性脱毛症」の別名とあります。

びまん性脱毛症とは、女性特有の脱毛症のことで「頭皮全体の髪の毛が薄くなる脱毛症」のことになります。

このように、FAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれますが、FAGAとは女性の薄毛の主な原因である「びまん性脱毛症」のことだったのですね

FAGAは女性男性型脱毛症とありますので、なんとなく男性のように薄毛が進行していくのかなと思っていましたが、違うようで安心しました。

びまん性脱毛症|FAGAの原因と対策

FAGA(別名:びまん性脱毛症)の原因はどこにあるのでしょうか?

FAGAの原因を調べてみましたが、FAGAの原因はあまりよく分かっていないそうです。

ですのでこのようなことから、FAGAの原因は加齢・ストレス・ホルモンバランスの変化・生活の乱れといったことが要因であるといわれています。

びまん性脱毛症|FAGAの対策

FAGA(別名:びまん性脱毛症)の原因は特定されていないそうですが、では、FAGAの対策はどのようなことが有効とされているのでしょうか?

FAGAの対策として有効と考えらえれていることの一つに、頭皮環境を整えるということがあります。

FAGAの原因には加齢・ストレス・ホルモンバランスの変化・生活の乱れなどの要因があるとお話ししました。

加齢・ストレス・ホルモンバランスの変化といったことが起きると、頭皮や髪の毛に必要な栄養素が毛根に届かないことがあるそうです。

頭皮や髪の毛に必要な栄養素が届かないと、育毛サイクルが乱れ元気な髪の毛は作れません。

ですので、健康な髪の毛のためには、頭皮や毛根に栄養素がしっかりと届くことが必要なのですね。

以上のことから、頭皮環境を整えるには頭皮の血行を良くして、頭皮や髪の毛に必要な栄養素をしっかりと頭皮や毛根に送り届けることが大切になるのですね。

女性用育毛剤マイナチュレはこの点に注目して、頭皮の血行を促進する効果がある成分や頭皮や髪の毛に必要な栄養素をたくさん配合しました。

また、頭皮環境を整えることは、頭皮に負担になる成分は使わないということになります。

ですので、マイナチュレでは無添加にこだわって開発されました。

マイナチュレとFAGAの関係のまとめ

マイナチュレとFAGA(女性男性型脱毛症)の関係を調べてきました。

FAGA(女性男性型脱毛症)は、女性の薄毛の主な原因であるびまん性脱毛症の別名であることが分かりました。

そして、びまん性脱毛症の原因はまだよくわかっていないそうですが、びまん性脱毛症の対策の一つとして、頭皮環境を整えることが大切であることも分かりました。

マイナチュレは、血行促進作用のある成分や、頭皮・髪の毛に必要な栄養素で頭皮環境を整え育毛ケアをサポートする女性用育毛剤。

薄毛の原因が分からないけど、まずは頭皮環境を整えるところから育毛ケアを始めたいときには、マイナチュレをお試しされてみてはと思いました。

育毛剤マイナチュレの体験口コミはこちら

この記事の内容は2018年8月現在の情報になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。